ワークショップ 間文化性の未来に向けて


   

  間文化性の未来に向けて






以下、転載いたします。
日時と場所はあらためて
お確かめのうえお出かけください。


   * * *


ワークショップ

間文化性の未来に向けて
― 精神/共存から時間・歴史へ



日時┃ 2012年3月10日(土)

場所┃ 立命館大学 衣笠キャンパス 学而館2階第3研究室
      京都市北区等持院北町56-1



プログラム


9:10~10:10
尾高朝雄と超越論的現象学
―文化的対象性の現象学的考察
小林琢自 (立命館大学)


┃ 10:20~11:20
誰かがそこから呼びかけてくる場所について
 ―がん緩和ケア専門看護師Cさんへのインタビューから
村上靖彦 (大阪大学)


┃ 11:30~12:30
野生の精神と間文化性
廣瀬浩司 (筑波大学)


┃ 13:30~14:30
共感と価値
― M・シェーラーにおけるケアの倫理
吉川孝 (高知県立大学)


┃ 14:40~15:40
各自性と共同性をつなぐもの
古荘真敬 (東京大学)


┃ 15:50~16:50
  全体討論


詳しくは ↓ (立命館大学 人文科学研究所)
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/re/k-rsc/hss/study/new_d11.html



 
 
   
   
     

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

洛北出版

洛北出版
http://www.rakuhoku-pub.jp/

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード