『ヘーゲル弁証法とイタリア哲学』









   『ヘーゲル弁証法とイタリア哲学』




















『 ヘーゲル弁証法とイタリア哲学
   ―― スパヴェンタ、クローチェ、ジェンティーレ 』

上村忠男 編訳















2012年2月29日 発行
A5判・上製・300頁
「シリーズ 古典転生 第6巻」
月曜社




オビのことば

19世紀におけるナポリ・ヘーゲル派の異才スパヴェンタ(1817-1883)による弁証法を〈改革〉する試みと、それに対する20世紀のクローチェ、ジェンティーレの応答を収める。イタリアでのヘーゲル受容の百年におけるもっとも重要な一幕を再現するアンソロジー。



目 次

ヘーゲル論理学の最初のカテゴリー
   ベルトランド・スパヴェンタ

区別されたものの連関と対立するものの弁証法
   ベネデット・クローチェ

変成の概念とヘーゲル主義
   ベネデット・クローチェ

ヘーゲル弁証法の改革とB・スパヴェンタ
   ジョヴァンニ・ジェンティーレ

ヘーゲルと弁証法の起源
   ベネデット・クローチェ

ヘーゲル論理学の「失われた弁証法」をめぐって
   上村忠男




詳しくは ↓ (月曜社)
http://getsuyosha.jp/kikan/isbn9784901477918.html

  
  
   
   
  

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

洛北出版

洛北出版
http://www.rakuhoku-pub.jp/

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード