「都市-文化-記憶」研究会企画

 下記、「都市-文化-記憶」研究会の企画にかんする情報です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

先端総合学術研究科公募研究会
「都市-文化-記憶」研究会企画
「阿久悠とその時代――昭和における抒情の変容」

▼日時:2007年8月18日(土) 14:00~17:45
▼会場:立命館大学衣笠キャンパス創思館401+402号室

■本企画は、去る8月1日に他界された作詞家・阿久悠氏の功績を検証するための緊急シンポジウムです。
 阿久氏がその生涯において築き上げた「歌謡曲」という巨大な文化装置を裏側から穿孔することで、多様で深層的な「昭和の抒情」の様々な断面を切りとり、それらの連続性や差異を確認する機会にしたいと思います。
 それぞれ異なった研究意識をもつ3人のパネラーが、随時音源(映像)をかけながら論点を展開してゆきます。

▼パネラー/発言テーマ
◇酒井 隆史(大阪府立大学人間社会学部准教授/先端総合学術研究科非常勤講師)
「阿久悠 距離の美学――70年代の風景とその亀裂」
◇村上 潔(先端総合学術研究科博士課程)
「女は待たせない。先に行く。」
◇山本 崇記(先端総合学術研究科博士課程)
「歌謡史のなかで変容する「戦後」」

▼タイムテーブル
14:00-15:30
 ◇プレミアム10「ありがとう阿久悠さん~日本一のヒットメーカーが生んだ名曲たち~」(2007年8月3日、NHK総合にて放映。【出演】都倉俊一)を上映。
15:45-17:45 シンポジウム

*無料、参加自由です。
*終了後、懇親会を行なう予定です。
★詳細は、当企画の告知ページ
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/2007/0818.htm
をご覧ください。

☆cf.「都市-文化-記憶」研究会
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/g/ucms.htm
お問い合わせは、村上まで。
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/g/mk01.htm

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

洛北出版

洛北出版
http://www.rakuhoku-pub.jp/

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード