イベント 瞬間の写真/写真の瞬間






     鈴木理策(写真家)× 橋本一径(表象文化論)トークショー








下記のようなイベントがございます。
詳しくは ↓ Bibliotheque(ビブリオテック)
http://www.superedition.co.jp/biblio/event/2012/37.html

以下、いただいたご案内を転載いたします。


     * * *


『White』(edition nord)刊行記念

鈴木理策(写真家)× 橋本一径(表象文化論)トークショー

瞬間の写真/写真の瞬間



降りつもる雪が放つ白い光を
追いつづけてきた鈴木理策氏の仕事が、
一冊の写真集に結実します。

色彩としての白、物質としての光を
記録する写真集『White』の刊行を記念し、
その美学的な探求のプロセスを明らかにする
トークショーを開催します。

写真として眼に映るものの可能性と不可能性をめぐって、
「稲妻写真論」を上梓されたばかりの
橋本一径氏と対談していただきます。

トークショー終了後、サイン会を行います。




日 時┃ 2012年 11月 3日(土・祝)
     15:00~17:00(14:30開場)

参加費┃ 1,500円(当日精算)

予約制┃以下の Bibliotheque(ビブリオテック)のwebサイトをご覧ください。
http://www.superedition.co.jp/biblio/event/2012/37.html

会 場┃ Bibliotheque(ビブリオテック)
     東京都渋谷区千駄ヶ谷3-54-2
http://www.superedition.co.jp/biblio/shop.html



ゲストプロフィール

鈴木理策
1963年和歌山県新宮市生まれ。
写真家、東京芸術大学美術学部先端芸術表現科准教授。
写真集に『Kumano』『Piles of Time』(ともに光琳社出版)、
『Saskia』(リトル・モア)、『Mont Sainte Victoire』(Nazraeli Press)、
『熊野 雪 桜』(淡交社)、『遠野(Punktum Times No.12)』(Punktum)
などがある。

橋本一径
1974年東京都生まれ。
早稲田大学文学学術院准教授。表象文化論・身体論専攻。
著書に『指紋論』(青土社)、
訳書にジョルジュ・ディディ=ユベルマン『イメージ、それでもなお』(平凡社)、
ピエール・ルジャンドル『同一性の謎』(以文社)、
ジョルジュ・ヴィガレロ編『身体の歴史 第1巻』(共訳、藤原書店)などがある。
「稲妻写真論」を「photographers' gallery press」最新号(no. 11)にて発表予定。



書籍情報
『White』
写真:鈴木理策
発行:edition nord

 『熊野 雪 桜』以降の到達点、光そのものへのリフレクション
鈴木理策写真集『White』
B4判(平綴じ・布製がんだれ付きソフトカバー)/約56頁/カラー/予価4,725円(本体4,500円+税)/限定1000部/ISBN978-4-9906656-0-9 C3072/発行 edition nord/発売 ソリレス書店/2012年10月下旬刊行予定


「雪の結晶は、天から送られた手紙である」
この著名な言葉で知られる物理学者・中谷宇吉郎のテクストに導かれ、
写真家は2004年以来、雪そのものへレンズを向け始める
8×10インチの大判カメラを携え、北海道 十勝岳、青森県 八甲田山に分け入り、白い世界と毎年対峙する
シリーズ「White」と名付けられた写真群は、いま1冊の本に編まれる
写真家 鈴木理策と、グラフィック・デザイナー 秋山伸とのコラボレーション
雪が放つ白い光を、白い紙にうつしとる、極限的な試み

   
  

 
 
    
    
       


プロフィール

洛北出版

洛北出版
http://www.rakuhoku-pub.jp/

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード